ホーム > 近畿・中四国エリア NEWSヘッドライン

近畿・中四国エリア NEWSヘッドライン(2月8日)

キリングループ19年近畿圏活動方針
ビール類計で前年実績を

キリングループ 19年のキリングループ近畿圏事業方針発表会が1日、大阪市北区のホテル阪急インターナショナルで開催された。キリンビールは、近畿圏におけるビール、発泡酒、新ジャンルを合わせたビール類の販売目標について、市場見込み全体が前年比2%減の中、前年実績維持とした。「一番搾り」をはじめとした主力ブランドへの集中投資とともに、クラフトビール事業にも注力する。
 発表会には、竹内博史キリンビール執行役員近畿圏統括本部長、宮代清尚キリンビバレッジ執行役員近畿地区本部長、佐藤真悦メルシャン近畿圏統括支社長らが出席し、各社の19年販売目標や活動方針などを発表した。
 竹内近畿圏統括本部長は18年を振り返り、「本麒麟」のヒットで近畿圏でも新ジャンルの販売数量が前年比12.6%増と大きく伸長した。19年は主力ブランドへの集中投資として「一番搾り」の4月中旬、「淡麗グリーンラベル」の2月下旬、「本麒麟」の1月中旬のリニューアルで主力ブランドの価値を向上させる意向だ。
 クラフトビール事業は、「あらためてビール市場の魅力化・新しい酒文化を創造していくという思いで取り組む」とし、19年に近畿圏で新たに「タップ・マルシェ」を1500台展開し、累計2700台にするとした。
 近畿圏における販売数量目標としてビール増減なし、発泡酒2%減程度、新ジャンル1%増程度、ビール類計前年並み、RTD計10.2%増、ノンアルコール飲料計3.2%減、洋酒計1.6%増とする方針を打ち出した。


写真=(左から)宮代清尚氏、竹内博史氏、佐藤真悦氏



「パティスリー&カフェデリーモ京都」オープン
「黒抹茶」ショコラ登場

黒抹茶 ショコラティエ江口和明氏が展開する「Patisserie&Cafe DEL'IMMO」が関西に初上陸した。5日に京都駅西口改札前の「イートパラダイス」内にオープンした「パティスリー&カフェ デリーモ京都」は、京都好きの同氏が新作のショコラやメニューをひっさげ、地元で愛されるカフェにしたいとロゴもカタカナに一新し、京都限定ショコラを多数提供する。
 今回の看板商品の一つ、「黒抹茶」ショコラは同氏が開発に一年以上かけた力作。ホワイトチョコに抹茶を練り込んだのではなく、カカオの味と抹茶がしっかり味わえるよう、試作を重ねて、カカオ含有量51%のやや緑がかった漆黒のオリジナルショコラを完成させた。
 さっぱりとした苦みが利いた大人味の「黒抹茶」は、それを使ったボンボンやショコラバーはもちろん、店内でパフェ「黒抹茶ショコラ(税込み1340円)」や「黒抹茶ショコラパンケーキ(同1200円)」などのスイーツメニューでも味わえる。
 また、季節のフルーツとショコラのマリアージュパフェでは「メランジュフリュイKYOTOマツリ(同2484円)」が京都限定第1弾として登場。金色のブロンドチョコレートと厳選したイチゴがたっぷり入り、豪華絢爛(けんらん)に金箔もあしらわれ、香り豊かな抹茶がアクセントになっている。  別添えのショコラ抹茶ソースを後がけして味変も楽しめる。


写真=新たに開発した看板商品ショコラ「黒抹茶」



中谷食品、総合フードフェア開催
MSC・ASC認証取得を報告

中谷食品 中谷食品は1月29日、19回目の総合フードフェアを大阪市中央区のOMMビルで開催した。今回、16年3月にM&A(企業の合併・買収)したナカガワを昨秋に完全合併したこともあり、会場を昨年の2倍に広げた。大阪を中心に外食店、給食・中食業者など取引先1200人を招待した。
 テーマに「新商品、新提案、新発見〜おいてます〜」を掲げたフェア会場は、メーカー110社の85小間で構成。新製品を含め、スピード対応や省人化など、人手不足をカバーする商品を紹介した。
 さらに中谷修三社長が「18年10月にMSC、ASC認証を取得した。今後は鮮魚や魚関連商品の取り扱いも広げ、現在注力する給食業態に対して提案ができるようにしっかり勉強して、ユーザーへの啓蒙(けいもう)運動にも努めたい」と述べ、指導を受けた三井食品のブース内のMSCのコーナーが今回のフェアの目玉と紹介した。
 業績は18年8月期が売上高70億円弱で着地。旧ナカガワを完全統合してスタートした今期は売上げ5%増を計画。2社統合で増えた仕入先を見直し、注力メーカーとしっかり取り組みながら、物流ルートの見直しも進めて増益着地も目指す。


写真=中谷修三社長



イトメン
トートバッグプレゼントキャンペーン
第1回抽選会 

イトメン イトメンは1日、本紙含む業界紙記者の立会いのもと、オリジナルトートバッグプレゼントキャンペーンの第1回抽選会を開催。これまでに約2万通の応募があった。
 同キャンペーンはチャンポンめん5食パック裏面(10月上旬ごろ〜12月上旬までのイトメン本社工場出荷分に添付)の「アカネちゃん」応募マーク1枚をはがきに貼って送ると、抽選で計1000人に同社製品が入った「オリジナルトートバッグ」が当たるもの。
 第1回抽選会=写真=は19年1月末までの応募分が対象。限定商品「レッドトマトチャンポンめん」のキャンペーン動画で使用したトマトの被り物で現れた伊藤充弘社長=写真(中)=らが500人を厳正な抽選で選んだ。

写真=社長自ら被り物をしての抽選会



出版物のご紹介

専門紙がまとめた情報・データの宝庫!
詳しくは下記をクリックして下さい。

日本食糧新聞社の書籍(本社HPへ)

媒体のご紹介

多彩な情報機能のサービス!
食品産業の行政、経営、人、商品をいち早く報道する新聞としては食品界では"ナンバーワンの総合専門誌"
詳しくは下記をクリックして下さい。

日本食糧新聞社の新聞・雑誌(本社HPへ)

お問い合わせ先

近畿・中四国のニュース掲載、広告掲載等のお問い合わせは
日本食糧新聞社 関西支社
〒530-0047 大阪市北区西天満5-2-18 三共ビル東館10階
TEL06-6314-4181 FAX06-6367-8650

お問い合わせフォーム

このページの一番上へ

ふれあいクッキング局

ふれあいクッキング局

フォーラム