ホーム > 近畿・中四国エリア NEWSヘッドライン

近畿・中四国エリア NEWSヘッドライン(8月4日)

阪急オアシス 伊丹市内に2店舗出店
ドミナント強化進める

阪急オアシス 阪急オアシスは5〜7月にかけて兵庫県伊丹市内で新店2店舗(「伊丹昆陽東店」「伊丹鴻池店」)を相次いで出店。既存店の「伊丹大鹿店」「伊丹店」と合わせて同市内で4店舗体制となり、神戸エリアと北摂エリアが隣接する重要な地域と位置付ける伊丹市内でのドミナント強化を推進している。
「伊丹昆陽東店」(5月3日開店)は、国家公務員宿舎跡地への出店で、マンション(プラウドシティ伊丹)と複合商業施設の一体開発となっている。同施設には同店のほか、ドラッグ、医療モールが出店。広域からの集客を狙い、既存の「箕面船場店」「吹田片山店」をさらにブラッシュアップし、高いクオリティーを意識する一方、催事やコモディティー商品の量販スペースを従来店舗以上に確保するなど、地域に密着した日々の普段使いにも十分対応できる店づくりに取り組んでいる。
  MDでは、新たに店内加工のオリジナルスイーツ(プリン、カステラ)を導入している。投資額は約5億5000万円、初年度年商は約21億円を計画している。

写真=店内加工のオリジナルスイーツ(プリン、カステラ)を初導入(伊丹昆陽東店)



三井食品 関西メニュー提案会
「とっておきをあなたに」テーマに 

三井食品 三井食品関西支社は7月27日に、大阪マーチャンダイズ・マート(大阪市中央区)で第25回関西メニュー提案会を開催。食品スーパー(SM)やディスカウントストア(DS)、ドラッグストア(DgS)、業務用卸、酒類卸、通販、外食産業など約600企業1100人を招待した。
 今提案会のテーマは「とっておきをあなたに」とし「多様化する『食』に対する高付加価値商材の提案」「生活者が欲している潜在意識を掘り起こし、販売チャンスを拡大」「拡がる『コト消費』に対する提案力の強化」など五つの具体的なアプローチでさまざまな提案を行った。
 入り口すぐのテーマコーナーで人だかりができていたものの一つが「とっておきビール」コーナー。今春新たに発売したオリジナル国産クラフト缶ビール「和の彩り」の「あかね(ペールエール)」と「かすみ(ホワイトエール)」は、京都伏見の水を使って黄桜が製造を担当し、和食との相性が良い。また、紅白の鮮やかなデザインに加えて、味や商品コンセプトを缶の裏面に直接書き込むことで、顧客に商品特徴を分かりやすく伝えるなど細部にわたって工夫が凝らされている。なおホワイトエールは現在、発泡酒規格だが酒税法の改正で18年度からビールでの表示が可能になる。

写真=オリジナル国産クラフト缶ビール「和の彩り」の試飲



がんこフードサービス
接遇社内コンテスト “サービス力”競う

がんこフードサービス がんこフードサービスは7月27日、大阪市内の本社で「第6回接遇コンテスト決勝大会」を開催した。コンテストは、同社が「世界に誇る“おもてなし”」を表意した品格あるサービスのさらなる向上を目指して開催しているもので、今回のテーマは「お客様の琴線にふれるおもてなし」。今回の開催は2年ぶりで、参加者約420人の中から予選を勝ち抜いた接客・接遇のスペシャリスト13人が接遇の技を競った。
 冒頭で東川浩之社長は「8月から50期を迎え、今期は『究極のサービス力の追求』をスローガンに挙げている。おいしい料理をスピーディーに提供するのは当たり前だが、さらにおいしく食べてもらうためには接客力が非常に大切だ。今年4月で創立54周年を迎える当社は100出店を目指すより、100年続く企業を目指す。これからが100年企業への土台作りの時となり、あらためてお客さまにがんこ流の接客の素晴らしさをお伝えするため、サービスを向上させる。また店からお客さまへのサービス提案も必要。技術を磨くことで、どんな場面でも心のこもったサービスで接することができる“究極の接客力”を身に着けられる。思う存分力を発揮して、楽しませる接客をしてほしい」と開会のあいさつをした。

写真=新人の部優勝の野崎ありささん(中)



出版物のご紹介

専門紙がまとめた情報・データの宝庫!
詳しくは下記をクリックして下さい。

日本食糧新聞社の書籍(本社HPへ)

媒体のご紹介

多彩な情報機能のサービス!
食品産業の行政、経営、人、商品をいち早く報道する新聞としては食品界では"ナンバーワンの総合専門誌"
詳しくは下記をクリックして下さい。

日本食糧新聞社の新聞・雑誌(本社HPへ)

お問い合わせ先

近畿・中四国のニュース掲載、広告掲載等のお問い合わせは
日本食糧新聞社 関西支社
〒530-0047 大阪市北区西天満5-2-18 三共ビル東館10階
TEL06-6314-4181 FAX06-6367-8650

お問い合わせフォーム

このページの一番上へ

ふれあいクッキング局

ふれあいクッキング局

フォーラム